本文へ移動

伊那谷の観光地バリアフリー考える 福祉職員らセミナーで実体験  

2021年10月1日 05時00分 (10月1日 15時12分更新)
補助器具を使い、車いすを引いて階段を上がる参加者=伊那市高遠町で

補助器具を使い、車いすを引いて階段を上がる参加者=伊那市高遠町で

  • 補助器具を使い、車いすを引いて階段を上がる参加者=伊那市高遠町で
  • 2人1組で目隠しをして歩き視覚障害者の状況を体験する参加者ら=伊那市高遠町で
 高齢者や障害のある人でも楽しめる旅行「ユニバーサルツーリズム」の推進を目指すセミナーとフィールドワークが三十日、伊那市高遠町で開かれた。伊那谷観光局が主催。上伊那八市町村の観光、福祉分野を担当する職員十六人が参加し、観光地のバリアフリー化について考えた。(清水大輔)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧