本文へ移動

<コロナ時代を支える人> 岡崎市社会福祉協議会介護課長・小原修子さん

2021年10月1日 05時00分 (10月1日 11時52分更新)
「ホームヘルパーの仕事への理解を深めたい」と話す小原さん=岡崎市社会福祉センターで

「ホームヘルパーの仕事への理解を深めたい」と話す小原さん=岡崎市社会福祉センターで

 介護を必要とする人の自宅で暮らしを支えるホームヘルパー。岡崎市社会福祉協議会のヘルパー五十人の平均年齢は六十五歳で、七十代後半の人もいる。自身の体調不安も抱え、「絶対に止めてはいけない必要な仕事だという思いで頑張っている」と市社協介護課長の小原修子さん(54)は思いを代弁する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧