本文へ移動

アイスダンス小松原組が北京五輪テスト大会欠場 コロナ影響による渡航困難を考慮【フィギュア】

2021年9月30日 20時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイスダンスフリーで演技する小松原美里(左)、小松原尊組

アイスダンスフリーで演技する小松原美里(左)、小松原尊組

 日本スケート連盟は30日、アイスダンスの小松原美里(29)、小松原尊(30)組=倉敷FSC=が、出場予定だったアジアンオープントロフィー(北京)を欠場すると発表した。理由について、同連盟は「(新型コロナウイルスによる)パンデミック(世界的大流行)の影響による国際渡航が困難な状況が続いているため」とした。
 同大会は、2022年北京冬季五輪のテスト大会を兼ねて、10月14~16日に北京・首都体育館で行われる。日本勢は小松原組のほか、男子シングルの鍵山優真(18)=神奈川・星槎国際高横浜、佐藤駿(17)=フジ・コーポレーション、女子シングルの紀平梨花(19)=トヨタ自動車、坂本花織(21)=シスメックス=のエントリーが国際スケート連盟(ISU)から21日に発表されていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ