本文へ移動

美人過ぎる騎手が地方競馬デビュー…24歳のミカエル・ミシェル騎手、初勝利はお預け

2020年1月27日 18時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
騎手紹介式で報道陣にハートマークを作り笑顔で対応するミカエル・ミシェル騎手

騎手紹介式で報道陣にハートマークを作り笑顔で対応するミカエル・ミシェル騎手

 27日の川崎競馬第5Rで“美人過ぎる騎手”として注目を集めるミカエル・ミシェル騎手(24)=川崎・山崎裕=が地方競馬デビューを果たした。6番人気のヨイチビームに騎乗し、スタートから行き脚つかず後方から。最後まで必死に追い続けたが、順位を上げることはできず12頭立ての11着に敗れた。

 ミシェルは「良いレースでしたが、最後の直線でうまく入っていけなかったです。ただ、ダートコースは思ったより騎乗しやすく、また、コースをはじめとして、いろいろ確認することができたので、出だしとしては良い感じでした」と、コメントした。
 その後4鞍に騎乗し8Rピースフルジョイの2着が最高着順だった。11R後の共同インタビューでは「とてもいい競馬場。走っていて気持ちいい。とても気に入りました。しっかり経験を積んで楽しみたい。そして勝ちたい」と、笑顔で意気込みを語った。28日は6鞍に騎乗予定。10Rのケンネプチューンなど好勝負が見込めそうなラインアップで初勝利を目指す。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ