本文へ移動

老いてますます…7歳馬ダノンフェイスは根岸Sでも一泡吹かせる!!

2020年1月29日 14時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
栗東坂路で追い切るダノンフェイス

栗東坂路で追い切るダノンフェイス

◇第34回根岸ステークス((G3・2日・東京競馬場ダート1400メートル)

 やはり今は充実期にある。東京中日スポーツ杯武蔵野Sでは13番人気で3着と激走したダノンフェイスは、続くすばるSを完勝。もう7歳だが、目覚めた印象すらある。追い切りは栗東坂路で、ラスト1F12秒4の好タイムを軽々とマーク。ソフトな追い切りで、全体は4F54秒3と控えめだが、反応の良さは目を引いた。
 
 「間隔が詰まっているので息を整える感じでしたが、大丈夫じゃないかな。前回は目方が増えていたが勝ってくれた。今回は輸送もあるし、マイナスになるかなと思う」と大久保師は静かな口調で語る。
 前回はプラス10キロで過去最大の馬体重。それで勝つのだから力があるが、絞れればパフォーマンスを上げられるのは間違いない。今の勢いなら、重賞でも。2走前は伏兵だったが、今は主役級の扱いが必要だ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ