本文へ移動

先進坑の掘削が7割完了 大鹿村リニア連絡協で工事の進捗説明

2021年9月30日 05時00分 (9月30日 15時04分更新)
 大鹿村リニア連絡協議会が二十八日夜、村交流センターであり、JR東海や県飯田建設事務所などがリニア中央新幹線のトンネル掘削や関連工事の進捗(しんちょく)状況を説明した。JRは南アルプストンネル長野工区の調査用トンネルの先進坑(千六百メートル)について、掘削がおよそ七割完了したと報告。引き続き年内に貫通させる目標で進めているとした。貫通後は、先進坑を通って残土や資機材を運搬する計画だ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報