本文へ移動

大谷翔平、ア・リーグ史上初の快挙「45本塁打、100得点、25盗塁」大リーグ公式は「しかも投手では防御率3・18だ」とあんぐり

2021年9月30日 13時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
レンジャーズ戦に快勝、カート・スズキと手を合わせるエンゼルス・大谷(AP)

レンジャーズ戦に快勝、カート・スズキと手を合わせるエンゼルス・大谷(AP)

◇29日(日本時間30日)MLB レンジャーズ2―7エンゼルス(アーリントン)
 エンゼルスの大谷翔平(27)はレンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発。6回に二盗を決め、メジャー史上6人目の「45本塁打&25盗塁」を達成。その後生還し、今季100得点にも到達した。中継局BSウエストなどによると「45本塁打、100得点、25盗塁」はア・リーグ史上初。9回にも二盗に成功し、今季26盗塁とした。打撃では単打2本で5打数2安打、1三振だった。
 大リーグ公式ツイッターは今季25盗塁目の動画を添付。「45本塁打、100得点、25盗塁」がア・リーグ史上初と伝えた上で「しかも投手では防御率3・18だ」とつづった。
 大谷は現在98打点。BSウエスト局によれば、2打点を重ねて「45盗塁、100打点、100盗塁、25盗塁」を達成した場合は、1993年ジャイアンツのバリー・ボンズ(46発、123打点、129得点、29盗塁)、97年ロッキーズのラリー・ウォーカー(49発、130打点、143得点、33盗塁)、99年ブレーブスのチッパー・ジョーンズ(45発、110打点、116得点、25盗塁)に次いでメジャー史上4人目となる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ