本文へ移動

古墳覆うふき石や埴輪破片出土 鈴鹿の富士山1号墳、初の発掘調査

2021年9月30日 05時00分 (9月30日 12時53分更新)
出土した古墳の表面を覆っていたふき石=鈴鹿市国分町で

出土した古墳の表面を覆っていたふき石=鈴鹿市国分町で

  • 出土した古墳の表面を覆っていたふき石=鈴鹿市国分町で
  • 初の発掘調査が進められている富士山1号墳=鈴鹿市国分町で
 鈴鹿市が進める地元の古墳「富士山(ふじやま)一号墳」(国分町)の初の発掘調査で、古墳の表面を覆っていたふき石が見つかった。埴輪(はにわ)の破片も数多く出土し、墳丘全体に石をびっしり敷き詰めて埴輪を並べた構造が浮かび上がった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報