本文へ移動

渋沢栄一創設の「青淵文庫」 豊橋で和装本見つかる

2021年9月30日 05時00分 (9月30日 11時25分更新)
豊橋市中央図書館で見つかった和装本=豊橋市役所で

豊橋市中央図書館で見つかった和装本=豊橋市役所で

  • 豊橋市中央図書館で見つかった和装本=豊橋市役所で
  • 「青淵文庫」と印字された蔵書票=豊橋市役所で
 豊橋市は二十八日、市中央図書館(羽根井町)の蔵書から、明治時代の実業家、渋沢栄一が創設した文庫「青淵文庫」(東京)の和装本が見つかったと発表した。何らかの理由で文庫から流出したものを市が購入したとみられる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧