本文へ移動

負けても笑顔は忘れません!”美しすぎる騎手”ミシェル「2週目で大きなレースに参加できてうれしい」南関東初重賞は11着

2020年2月5日 18時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
南関東初重賞は11着に終わったミシェル

南関東初重賞は11着に終わったミシェル

  • 南関東初重賞は11着に終わったミシェル
  • 金盃でセンチュリオンに騎乗し、11着に終わったM・ミシェル

◇東京中日スポーツ賞・金盃・2600メートル(5日・大井競馬場)

 美人ジョッキーのミカエル・ミシェル騎手(24)=川崎・山崎裕=が5日、東京中日スポーツ賞・金盃で南関東重賞に初挑戦した。4番人気のセンチュリオンに騎乗し、スタートから押して前々で運び2周目の3コーナーから追っていったが、直線は失速し11着に敗れた。
 ミシェルは「スタートが遅いタイプで、今日は早く出てしまいこうなるとは予期しませんでした。他の馬が速くなり、それで(流れが)速くなってしまった」と、レースを振り返った。それでも「とても満足しているし、このレースに参加できて誇りに思う。南関東2週目で大きなレースに参加できてうれしい」と、笑顔を振りまいた。この日は6鞍に騎乗し、7Rの4着が最高だった。6日は大井競馬で5鞍に騎乗予定。地方競馬通算4勝目を目指す。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ