本文へ移動

犬猿の二階派、前日に「岸田氏で頼む」 派閥の論理背負い船出

2021年9月30日 05時00分 (9月30日 05時01分更新)
 自民党の新総裁が岸田文雄氏に決まった。最多の地方票を得た河野太郎行政改革担当相を引きずり降ろしたのは、派閥優先の論理。岸田政権は多くの党員の意思に反する形で誕生したという重い「十字架」を背負い、政権運営で安倍晋三前首相ら重鎮の意向を無視できない運命にある。派閥支配打破を掲げた河野氏陣営。だが、支持議員が離れていくのに時間はかからなかった。水面下で何が起きていたのか。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報