本文へ移動

コーヒー飲んで効率仮眠、長野市に専門店

2021年9月30日 05時00分 (9月30日 05時00分更新)
コーヒーを飲んだ後に仮眠できる「ソルリブレ」の個室=長野市鶴賀問御所町で

コーヒーを飲んだ後に仮眠できる「ソルリブレ」の個室=長野市鶴賀問御所町で

 長野市鶴賀問御所町にコーヒーを飲むことで効率的に仮眠できるようにする「コーヒーナップ」の専門店「Sol Libre(ソルリブレ)」がオープンした。経営者の山本高之さん(31)=須坂市=によると、コーヒーナップの専門店は県内初といい、「睡眠を見直すきっかけにしてほしい」と話している。
 コーヒーを飲んだ後に仮眠し、カフェインが効き始めるころに起きてさらにコーヒーを飲めばリフレッシュ効果が得られるとされる。結果、短時間の仮眠でも眠気が取れるというわけだ。山本さんは会社員だった七年ほど前、不眠症に悩んだが、コーヒーナップを取り入れ、仕事に集中できるようになったという。
 山本さんは自身の経験から「睡眠で悩んでいる人に休める場所を」と店をオープン。店名のソルリブレはスペイン語で「自由な太陽」という意味だ。「睡眠の悩みから自由になってほしい」との思いを込めた。利用客の反応は「頭がスッキリした」「不眠症で悩んでいたが、夜に眠れるようになった」と上々だ。
 店内には個室を三つ設け、それぞれの部屋にリクライニングできる椅子を設置した。椅子を倒すことで、ベッドのような利用もできる。利用客がリラックスできるよ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧