本文へ移動

【楽天】浅村栄斗、日本ハム・鈴木の死球に激高、声荒らげマウンドへ 両軍乱闘寸前で警告試合に

2021年9月29日 21時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・浅村

楽天・浅村

◇29日 楽天5―0日本ハム(楽天生命パーク宮城)
 楽天の浅村栄斗内野手(30)が自身への死球を巡って激高し、試合は乱闘寸前となった。
 楽天の5―0で迎えた8回、2死走者なしの場面で浅村が打席に立つと、日本ハム・鈴木健矢投手(23)の内角球が左ももに当たった。普段の浅村ならそのまま一塁に向かうことも多いが、このときは鈴木をにらみつけて、怒りの表情。一塁到達後、代走を送られると、ベンチに引き揚げる際に再び鈴木をにらみ付け、声を荒らげながらマウンドへ歩みを進めた。
 すかさず両軍ベンチから、監督、コーチも飛び出して浅村を止めた。鈴木が帽子を取って謝罪したため“一件落着”かと思われたが、ベンチ内から“参戦”した日本ハムのロニー・ロドリゲス内野手(29)が浅村をあおるような言動を取ったことで、グラウンド上は再び騒然となった。
 ホームベース付近で両軍が入り乱れ、乱闘寸前となる中、浅村は岡島に誘導されてベンチへ下がった。この直後に審判からのアナウンスがあり、警告試合となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ