本文へ移動

【楽天】先発・滝中瞭太が粘りの投球で7回途中まで5安打無失点 8勝目の権利を持って降板

2021年9月29日 21時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
滝中瞭太

滝中瞭太

◇29日 日本ハム―楽天(楽天生命パーク宮城)
 このまま順位を落とす訳にはいかない。楽天の先発・滝中瞭太投手(26)が走者を背負いながらも粘りの投球で7回途中まで5安打無失点に抑え、今季8勝目の権利を持って降板した。
 2回には2死二塁、3回は自らのけん制悪送球もあって2死二、三塁と得点圏に走者を進めてしまったが、いずれも持ち味の緩急を使って打者のタイミングを外し、リードを保った。
 試合前に「作戦の多いチーム。足の速い選手もたくさんいて、長打もないわけじゃない。作戦をうまく絡めて得点パターンにされると大量失点につながる。なるべく自分の投球をして(打席の打者と)1対1で勝負できるようにしていきたい」と語ってい通りの投球だった。
 打線は1、2回の序盤で計4点。新人王有力候補の相手先発・伊藤を5回でKOした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ