本文へ移動

【中日】2試合連続の先制点 巨人の先発・高橋の外角低めのボール球を小林が捕逸

2021年9月29日 19時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先制点を奪われた4回裏を終え、ベンチに戻る高橋

先制点を奪われた4回裏を終え、ベンチに戻る高橋

◇29日 中日ー巨人(バンテリンドームナゴヤ)
 中日が2試合連続の先制点を挙げた。4回先頭の京田が、巨人の先発・高橋から一塁線を破る二塁打を放つと、三ツ俣がバントで送って1死三塁とした。次打者・大島のとき、巨人の先発・高橋が2ボール1ストライクから投げた外角低めのボール球を小林が捕逸。京田が楽々生還した。
 なお、引き分けを挟んだ2連敗を止めた28日巨人戦の5得点は、犠飛と2ラン2発。この回を含め40イニング連続で適時打なしとなっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ