本文へ移動

舛添要一さん、岸田文雄新総裁に辛口コメント「消去法の選択」「忖度政治を変えることができるか」

2021年9月29日 15時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
自民党の新総裁に選出された岸田前政調会長

自民党の新総裁に選出された岸田前政調会長

 元東京都知事で国際政治学者の舛添要一さん(72)が29日、自身のツイッターを更新。岸田文雄前政調会長が新総裁となったことに辛口でコメントした。
 「速報」として、「自民党総裁選、決選投票、予想通り257vs170で岸田文雄総裁が誕生、次期首相である」と新総裁の誕生を報告。
 選ばれた理由についても「左右に振れすぎない安定感が勝因であろう。いわば、消去法の選択である」と手厳しく意見した。
 さらに「今後は、安倍長期政権の間に積もった問題、たとえば党の風通しの悪さ、忖度政治などを変えることができるかどうか。内外の課題は多い」と相次いで指摘した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ