本文へ移動

【自民党総裁選】岸田文雄前政調会長と河野太郎行政改革担当相による決選投票へ 1回目で過半数に届かず

2021年9月29日 14時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
河野太郎行政改革担当相と岸田文雄前政調会長(右)

河野太郎行政改革担当相と岸田文雄前政調会長(右)

 自民党総裁選の投開票が29日、東京都内で行われ、1回目の投票で全候補が過半数に届かず、岸田文雄前政調会長と、河野太郎行政改革担当相による決選投票となった。
 岸田氏が256票(国会議員票146)、河野氏は255票(同86)を獲得。高市早苗前総務相は188票(同114)、野田聖子幹事長代行は63票(同34)だった。1回目の投票の過半数は382票。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ