本文へ移動

WHO関係者83人がコンゴで性暴力 働き口紹介の見返りに

2021年9月29日 16時00分 (9月29日 16時00分更新)
 【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)は二十八日、コンゴ(旧ザイール)東部で二〇一八年以降、エボラ出血熱への対応でWHOの支援活動に関わった八十三人が立場を利用して性的暴行に及んでいたとの調査報告書を公表した。加害者の大半は臨時雇用のコンゴ人だったが、二十一人はWHOと直接の雇用関係にあり、外国人も含まれていた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報