本文へ移動

雄平が今季限り引退 2010年野手転向「サヨナラヒットで優勝を決めた事が1番印象に」【ヤクルト】

2021年9月29日 13時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
雄平

雄平

 ヤクルトは29日、雄平外野手(37)=本名・高井雄平=が今季限りで現役を引退すると発表した。
 プロ19年目の雄平は2003年に宮城・東北高からドラフト1巡目で投手として入団。144試合に登板し、18勝19敗1セーブ、防御率4・96の成績を残した。10年シーズンから野手に転向し、通算881安打、打率2割9分1厘の成績。14年には打率3割1分6厘、23本塁打、90打点でベストナインに選出された。
 今季は1軍出場なし。雄平は球団を通じ「ヤクルト球団には高校を卒業して19年間という長い間お世話になり、プロ野球選手として素晴らしい経験をさせていただきました。ここまでやって来られたのは、これまで携わっていただいた監督、コーチやチームメート、球団関係の皆さま、応援していただいた皆さんのおかげです。特にファンの皆さんの温かい応援は力となり励みにもなりました。そして、最後に家族に『ありがとう』を言いたいです。思い返すとたくさんの思い出がよみがえりますが、中でも2015年、サヨナラヒットで優勝を決めた事が1番印象に残っています。多くの方々に支えていただき、19年間のプロ野球生活を過ごすことができました。ありがとうございました」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ