本文へ移動

認知症介護に演技の手法を 尾鷲で体験講座

2021年9月29日 05時00分 (9月29日 12時59分更新)
昨年度に、いなべ市で開かれた体験講座の様子=県文化会館提供

昨年度に、いなべ市で開かれた体験講座の様子=県文化会館提供

  • 昨年度に、いなべ市で開かれた体験講座の様子=県文化会館提供
  • 参加を呼び掛ける尾鷲市地域包括支援センターの担当者=尾鷲市福祉保健センターで
 演技の手法を用いて、認知症の人とのコミュニケーションや介護を学ぶ体験講座が十月十三日午前十時〜正午に、尾鷲市中央公民館で開かれる。主催の県文化会館(津市)が、先着十五人で参加者を募っている。無料。県内で尾鷲は特に高齢化が進んでいる地域。担当者は「認知症は身近な問題になっている。講座を通して認知症への理解を深めてほしい」と話している。 (間宮大貴)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報