新型コロナでボートレースも28日から無観客開催 外向発売所も閉鎖…払い戻しの有効期限も一部延長

2020年2月27日 18時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本モーターボート競走会は27日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、28日から3月15日まで無観客でのレース開催を発表した。期間内は全国24カ所のボートレース場(外向発売所を含む)とボートレースチケットショップが閉鎖される。電話、インターネット投票は通常どおり。なお、払い戻しの有効期限は60日だが、期間内に期限を迎えるものについては3月31日まで延長される。
 28日は現在G1レースが行われている多摩川、下関ボートをはじめ、この地区では浜名湖、津、三国ボートが無観客で行う。日本モーターボート競走会広報は「急な発表でお客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます」とコメントした。
 また地方競馬の兵庫県・園田競馬も27日、3月13日までの開催を無観客で行うと発表。3月2日から6日の川崎競馬も無観客で行う。すでに名古屋、大井、佐賀競馬は無観客競馬を実施しており、ばんえい帯広競馬は29日から3月8日まで、高知競馬は3月1日から当面の間、笠松競馬は3月4日から6日まで行う。
 競輪、オートレースは27日から無観客開催となっているが、JKAは期間を3月11日までと発表した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ