本文へ移動

ヤクルト青木先制かつ決勝の6号満塁ホームラン 日米通算18年目の39歳球団最年長満塁弾

2021年9月28日 22時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回裏2死、青木が左越えに先制満塁本塁打を放つ

5回裏2死、青木が左越えに先制満塁本塁打を放つ

◇28日 ヤクルト4―0DeNA(神宮)
 頼りになるヤクルトのベテラン・青木宣親外野手(39)が一振りで試合を決めた。
 0―0の5回2死から先制&決勝の6号満塁本塁打。DeNAの先発・東のカットボールを左翼席へ運んだ。球団最年長記録となる39歳8カ月での満塁弾を記録。日米通算18年目の39歳は「ここ最近は納得のいく打席が増えている。期待に応えたい気持ちでいつも過ごしている」と強調した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ