本文へ移動

中日・柳裕也が巨人戦8イニング1失点10勝目 福留孝介勝ち越し4号2ラン、チーム連敗2でストップ

2021年9月28日 20時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日柳が巨人坂本を三ゴロ併殺に打ち取り、雄たけびを上げる

中日柳が巨人坂本を三ゴロ併殺に打ち取り、雄たけびを上げる

◇28日 中日5ー2巨人(バンテリンドームナゴヤ)
 中日・柳裕也投手(27)が8イニング5安打1失点と力投し、10勝目を手にした。2桁勝利は2019年以来、2年ぶり。4回には先制の右犠飛を放ち、チームに31イニングぶりの得点をもたらした。バットでも貢献した右腕がチームの連敗を2で止めた。
 チームは8回までわずか1得点。右腕に大きな援護点をプレゼントしたのは、球界最年長のバットマン・福留孝介外野手(44)だった。「柳が頑張っていたので、何とか後ろに(つなごう)と思って居たのですが、よく飛んでくれました」。1ー1の8回1死一塁。2番手・中川の変化球を捉え、勝ち越し4号2ラン。木下拓の2ランも飛び出し、この回一挙4得点と巨人を突き放した。最後は守護神のR・マルティネスが締め、連敗を脱出した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ