本文へ移動

「報ステ」新キャスター大越健介さんは「22時台という歴史的な戦略ゾーンをさらなる高みに導いてくれる」テレ朝会長が期待

2021年9月28日 15時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ朝日社屋

テレビ朝日社屋

 テレビ朝日の早河洋会長は28日、定例会見に出席し、10月から「報道ステーション」のメインキャスターを務めるジャーナリスト大越健介さんについて、番組を「さらなる高みに導いてくれる」と期待感を示した。
 早河会長は「大越健介さんをお迎えした『報道ステーション』に大きな期待をしています。NHKでの政治取材や、特派員経験、またニュース番組のアンカーとして積み重ねた取材力とテレビ報道の表現力を発揮していただき、1985年スタートの『ニュースステーション』以来22時台という時間帯のトップレベルを走り続けてきた歴史的な戦略ゾーンをさらなる高みに導いてくれるものと確信しています」と語った。
 さらに「才能、能力のほかに人間性みたいなところでチーム全体を引っ張ってもらえるのかなと非常に期待している」とし、「時代も世界も日本も非常に多様なニュースが発生してデジタル時代の中で時代が大きく変わっている中で、力のあるアンカーマンが必要かなと思ってお願いしたところ受けていただいた。大越さんは『大変光栄』だと言ってますが、私どもにとっても大変光栄な出来事」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ