本文へ移動

テレ朝「視聴者の信頼を裏切る不祥事」緊急事態宣言下での宴席、女性社員転落重傷で早河会長が謝罪

2021年9月28日 15時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ朝日社屋

テレビ朝日社屋

 テレビ朝日の定例会見が28日、オンラインで行われ、8月にスポーツ局所属の局員らが緊急事態宣言下にもかかわらず飲食店で宴席を開いた後に女性社員がビルから転落しけがをした件で、早河洋会長が謝罪した。
 これは東京五輪の閉会式が行われていた8月8日夜から翌日未明にかけ、局員ら10人が東京・渋谷のカラオケ店などで五輪番組の打ち上げなどとして長時間飲酒したあげく、女性社員がビル2階から転落し足を骨折する重傷を負ったもの。
 テレ朝は9月上旬に詳細を公表するとともに、宴席に参加していた社員を謹慎10日間の処分、亀山慶二社長らが役員報酬を10%、1カ月返上することなどを発表。入社5年目以下の社員を対象とした役員による研修の実施など、再発防止に向けての取り組みも明らかにしていた。
 早河会長は、役員による若手社員の面談が27日から始まったことを明らかにし「東京都の自粛要請、会社の決めた多人数の宴席禁止といったルールを無視して起きた不祥事なので、あらためてルール順守の大切さを確認させるとともに、報道機関の一員であることの自覚を厳格に求める内容です」と説明。さらに「あらためまして多数の社員が視聴者の信頼を裏切る不祥事を起こしたことをおわび申し上げますとともに、オリンピック閉会式当夜、業務が極めて多忙のなか、活動されている警察、消防の皆さんには直後に役員、局長が謝罪に出向きましたが、あらためて大変なご迷惑をおかけしたことをこの場を借りて陳謝いたします」と謝罪した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ