本文へ移動

新庄剛志さん、胃カメラでポリープ見つかる 「何事にも気を使われてますね」と医師から繊細な一面を指摘

2021年9月28日 12時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新庄剛志さん

新庄剛志さん

 阪神、日本ハムや大リーグで活躍した元プロ野球選手の新庄剛志さん(49)が28日、自身のツイッターを更新。胃カメラによる検査を受け、ポリープが見つかったことをつづった。
 新庄さんは「胃カメラをしてきたら、ポリープが1つ見つかりました」と胃粘膜にある病変を明かした。
 また検査の際、「先生からはイメージと違って何事にも気を使われてますね ストレスを溜めないようにって~」とメンタル面での助言があったことも報告。加えて「ただピロリ菌はなくひと安心」と顔文字を添えて安堵(あんど)している様子だ。さらに「うぇ~を我慢するのは辛かったねぇ」と胃カメラを飲むことへの弱音も漏らしていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ