本文へ移動

【ラグビー】19歳の逸材FWディアンズ、ジャパン・ジョセフHC直々の要請で代表候補合宿参加へ 身長2m超え、来日5年で日本語ペラペラ

2021年9月28日 12時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本代表候補合宿に向け、早朝の個人トレーニングに打ち込むディアンズ(写真提供:東芝ブレイブルーパス東京)

日本代表候補合宿に向け、早朝の個人トレーニングに打ち込むディアンズ(写真提供:東芝ブレイブルーパス東京)

 29日から宮崎で行われるラグビー日本代表候補合宿に若手育成枠のNDS(ナショナル・デベロップメントスコッド)として最年少19歳で招集されたワーナー・ディアンズ(東芝ブレイブルーパス東京)が28日、オンライン取材に応じ、合宿への参加をジェイミー・ジョセフヘッドコーチから直に要請されたことを明かした。
 「(要請は)1カ月くらい前です。23年W杯に向けて経験を積むために参加してほしい、と言われた」。ラグビーのトレーニングコーチとしてNECと契約した父グラントさんとともに14歳で来日して5年。日本語はよどみない。
 体格も魅力的だ。「今は201・7センチ、体重は124キロくらいです」と、流通経済大柏高時代よりも一回り大きくなり、「友達には胸筋と肩回りがでかくなったと言われます。あと太ももが太くなりました」と話した。
 全国高校ラグビーでは2、3年と2年連続で8強入り。注目された進路にについては「大学よりも、自分が一番成長できるところに行きたかった」と東芝入りを選んだ。
 10月23日には日本代表は大分でオーストラリアとのテストマッチに臨み、その後に欧州遠征が予定されている。自身の代表入りの可能性については「自分はまだそのレベルじゃない。この合宿で経験を積んで成長して、チームで試合に出て、次の合宿に呼ばれるように」とし、謙虚な姿勢も示した。
 ▼ワーナー・ディアンズ 2002年4月11日生まれの19歳。ニュージーランド出身。14歳で来日。つくばインターナショナル中2年に編入し、あびこラグビースクールで本格的にラグビーを始め、流通経大柏高では2年連続で8強。2年時に高校日本代表にも選ばれた。現在のポジションはロック。ニュージーランド時代はバスケットボールでU―13の地方代表に選ばれたこともある。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ