本文へ移動

<TOKYO2020+1 湖国から支えた人たち> (4)パラ競技用器具製造 米原「東レ・カーボンマジック」

2021年9月28日 05時00分 (9月28日 15時02分更新)
サイボーグと共同で生み出した競技用義足を手にする奥社長=米原市三吉で

サイボーグと共同で生み出した競技用義足を手にする奥社長=米原市三吉で

  • サイボーグと共同で生み出した競技用義足を手にする奥社長=米原市三吉で
  • 東レ・カーボンマジックがサイボーグと共同開発した競技用義足=米原市三吉で
  • コンセプトカーなどカーボン製品が出迎える会社の入り口=米原市三吉で
 大手化学企業東レの子会社で、カーボンファイバー(炭素繊維)を活用した製品の開発や製造をする「東レ・カーボンマジック」。米原市三吉の同社では、長年のレーシングカー開発の技術を生かし、パラリンピアンたちを支えるカーボン製の競技用器具を製造している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧