本文へ移動

【ロッテ】初戦勝てば優勝M『18』点灯!! オリとの首位決戦、井口監督が中継ぎ総動員指令「まずは頭を取る」

2021年9月28日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテの唐川侑己投手

ロッテの唐川侑己投手

 パ・リーグ首位を走るロッテの井口資仁監督(46)が優勝マジック点灯がかかる28日からのオリックスとの直接対決3連戦(ZOZOマリン)で強力な中継ぎ陣を総動員する意向を明かした。
 救援陣のキーマンは、首の違和感から復帰した右腕・唐川とみている。24、25日の西武戦(メットライフドーム)で連投させたために26日はベンチ登録から外して、他の投手で補った。指揮官は「オリックス戦は中継ぎ総動員で戦わないといけないので」。十分な休養を与えることができた。
 これまで7回から必勝リレーを展開するケースが多かったが、守護神の益田を筆頭にハーマン、国吉、佐々木千、唐川と役者がそろい、「(勝ちパターン)は6、7、8、9回に。まずは頭を取ることが大事」。救援陣を早めに投入する可能性も示唆した。
 28日のカード初戦に勝てば、1シーズン制では球団として51年ぶりのリーグ優勝マジック「18」が点灯する。就任4年目の指揮官にとっても千載一遇のチャンス。抜け目なく確実に、勝利を奪いにいく。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ