本文へ移動

過去に懲戒処分、言動や取り口なども問題視…白鵬の『一代年寄』襲名に厳しい声も 

2021年9月27日 21時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
白鵬

白鵬

 史上最多となる45回の優勝を誇る不世出の横綱白鵬(36)=宮城野=がついに土俵を去る。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)が27日、東京・両国国技館を訪れ八角理事長(元横綱北勝海)に口頭で引退を伝えた。
   ◇   ◇
 白鵬は2019年9月に日本国籍を取得。すでに5月には年寄名跡を取得している。今後は近日中に開かれる年寄資格審査委員会、その後の理事会で襲名が認められれば親方として後進の指導にあたることができる。
 焦点は年寄名跡の襲名について。これまで大鵬、北の湖、千代の富士(辞退)、貴乃花に与えられてきた一代年寄に関しては認められる可能性は極めて低い。
 白鵬は過去に懲戒処分を受けており、5月に年寄名跡を取得した際も厳密な審査を受けて認められた経緯がある。今回の襲名に関しても、過去の言動や取り口、東京五輪期間中に会場を訪れたことなどが議論を呼んでいるため、さらに慎重な審査がされる可能性が出ている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ