本文へ移動

「横綱としての理想の一つ」白鵬の引退を惜しむ声相次ぐ「何やっても揚げ足…可哀想」SUGIZOもねぎらう

2021年9月27日 20時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
白鵬

白鵬

 大相撲で史上最多の優勝45回を誇る第69代横綱白鵬(36)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が27日、現役引退する意向を日本相撲協会に伝えたことを受け、SNS上では惜しむ声が相次いだ。
 事実上の一強時代を築いた白鵬。ギタリストのSUGIZO(52)は自身のツイッターに白鵬との写真を添え、「とても寂しいけれど、最後に全勝優勝で有終の美を飾るとは、あまりにカッコ良すぎです。歴史に残る本当に多くの快挙を成し遂げてきた、まさに平成の大横綱。大リスペクト。69代横綱(Rock!!)白鵬関、20年間お疲れ様でした!」とねぎらいのコメント。
 また、ネット上では「大きな時代が終わるね。お疲れ様でした」「2000勝、70優勝ぐらいは余裕でいくと思ってたのに。相撲界が大変な時期に支えてくれてありがとう」などの声が相次ぎ、「結局、白鵬が強いままでの引退」「あれだけ勝ちに拘り続けて実際に勝ち続けた姿は横綱としての理想の一つだと思ってます」との声もあった。
 一方、素行や品格で批判を受けることも多かっただけに「数々の記録は残るが品格のない横綱として記憶もしばらく残る」「ヒールイメージが強すぎて驚きや感慨がない」「何やっても揚げ足取りみたいに叩かれて可哀想だった」などと最後まで注目を浴びていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ