本文へ移動

青学大エース森圭名がリーグ戦初完封!3ラン取り消しにも助けられる【東都大学野球】

2021年9月27日 20時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
リーグ戦初完封した青学大の森圭名投手

リーグ戦初完封した青学大の森圭名投手

 東都大学野球は27日、神宮球場で1回戦3試合を行い、青学大が中大に1―0で競り勝った。森圭名投手(4年・富山第一)がリーグ戦初完封。3ランが取り消されたのにも助けられて内野安打1本に抑えた。国学院大は駒大に9―1で打ち勝った。プロ注目捕手の福永奨主将(4年・横浜)が2ランなど3安打4打点の活躍で、ルーキーの坂口翔颯投手(1年・報徳学園)の3勝目を攻守でアシストした。日大は亜大に5―4で逆転サヨナラ勝ちした。
 ドラフト候補に負けじと奮闘した。青学大のエース森圭が許したヒットは6回先頭の内野安打だけ。三塁手が見送った三塁線のゴロが切れずにベースに当たったアンラッキーな安打だったが、そこから気を引き締め直した。
 「結果的にあの1本だけでしたが、最後のレフトフライとか危ないのもあった。まだまだ甘いと思います」
 命拾いしたのは7回2死一、二塁。中大の森下の打球が右翼ポール際へ飛んだ。一塁塁審がホームランと判定したが、直後に審判団が協議してファウルに訂正。中大の清水監督が抗議していた11分間も集中力を乱さず、仕切り直しに備えて気持ちを整理し、最後まで崩れなかった。
 今季は開幕の亜大戦で2イニング4失点で黒星。「勢いでいこうとし過ぎていた。コントロールとスピードをバランス良くしようとしたのが前の週からできている」。社会人に進む右腕は国学院大戦から15イニング1/3を無失点。頼もしさを増した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ