本文へ移動

大谷翔平の本拠地最終戦「監督には8回、大谷をマウンドに上げてから降板を告げ、最後にファンの大歓声を浴びさせてほしかった」米メディアが口をそろえる

2021年9月27日 15時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルスの本拠地最終戦で感謝の幕を掲げて大谷翔平を応援するファン(AP)

エンゼルスの本拠地最終戦で感謝の幕を掲げて大谷翔平を応援するファン(AP)

◇26日(日本時間27日) MLB エンゼルス1―5マリナーズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は「2番・投手」の“リアル二刀流”で先発。7イニングを5安打1失点、10奪三振(K)も、1―1の同点で降板して勝敗はつかず。1918年レッドソックスのベーブ・ルース以来103年ぶりの「10勝、10本塁打」は3度目の挑戦でもお預けとなった。
 打撃は3打数1安打で45本塁打は変わらず。46本はメジャー最多のゲレロ(ブルージェイズ)とペレス(ロイヤルズ)とは1本差のままだった。
 大谷はガッツポーズをしながら雄たけびを上げて7回を投げ終えると、ホーム観衆から総立ちの拍手で迎えられつつベンチへと歩いた。試合後、中継局BSウエストのモタ解説者は「全く個人的にだが、できればマドン監督には8回に大谷を再び登板させ、5、6球投げてから降板させてほしかった。そこでの観客の反応が見たかった」と話し、フレンチ・アナウンサーも「そうですね。そうなれば、すごいことになったでしょうね」と相づちを打った。
 球団地元紙オレンジカウンティー・レジスターのフレッチャー記者も「マドン監督はもう一度大谷をマウンドに上げるべきだった。そこで降板を告げれば、ベンチに戻るまで長いスタンディングオベーションを受けられた」と、同じ論調でツイートした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ