本文へ移動

340人が河川敷を力走 信州駒ケ根ロードレース

2021年9月27日 05時00分 (9月27日 14時57分更新)
雨の中、スタート地点から勢いよく飛び出していく児童たち=駒ケ根市の丸塚公園で

雨の中、スタート地点から勢いよく飛び出していく児童たち=駒ケ根市の丸塚公園で

  • 雨の中、スタート地点から勢いよく飛び出していく児童たち=駒ケ根市の丸塚公園で
  • ゴールテープを切る5キロ男子総合優勝の高梨さん=駒ケ根市で
 信州駒ケ根ロードレース(中日新聞社など後援)が二十六日、駒ケ根市の天竜川河川敷のコースで開かれた。小学校低学年から七十代の男女三百四十人が出場し、小学生は三キロ、中学生以上は五キロで健脚を競った。
 例年はハーフマラソンもあり、県内外から三千人以上のランナーが駒ケ根市街地を駆け抜けるが、今年は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧