本文へ移動

角田裕毅は影薄く…1周遅れの17位「とても残念な一日に」終盤のタイヤ交換ギャンブルも失敗【F1第15戦ロシアGP】

2021年9月27日 10時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
17位だったアルファタウリ・ホンダの角田裕毅(ホンダ提供)

17位だったアルファタウリ・ホンダの角田裕毅(ホンダ提供)

◇26日 F1第15戦ロシアGP決勝(ソチ・オートドローム)
 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(21)は1周遅れの17位と精彩を欠いた。12番グリッドからスタートする1周目の2コーナーでコース外に膨らんでしまい、一瞬にして最後尾まで転落。目立つ活躍ができなかった。
 終盤に雨が落ち始めた際にはイチかバチかで浅溝のインターミディエイトタイヤではなく、ドライ用のソフトタイヤに履き替えて上位進出を狙った。ところが雨脚が強くなってしまい、最終的に浅溝タイヤへの交換を余儀なくされ、ギャンブルは失敗に終わった。
 「とても残念な一日になりました。レースウイークを通じてマシンバランスに苦しんでいましたが、それはレースでも同様で、特に1周目はコース上にマシンを留めるのも大変でした。再びポイント獲得を目指すために、今週末を終えてリセットし、自分のパフォーマンスのベースラインを見直す必要があります」。これで4戦連続で入賞を逃した。
 優勝はメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が飾り、史上初の通算100勝を達成。最後方の20番グリッドからスタートしたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が2位まで追い上げた。
 中盤に首位に立ったマクラーレンのランド・ノリス(英国)は終盤の雨のなかスリックタイヤで粘り強く走行するもスリップしてコースアウト。ハミルトンの逆転を許し、初優勝はならず。無念の7位に終わった。
◆F1第15戦ロシアGP決勝結果
1・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2・マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
3・カルロス・サインツ(フェラーリ)
4・ダニエル・リカルド(マクラーレン)
5・バルテリ・ボッタス(メルセデス)
6・フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
7・ランド・ノリス(マクラーレン)
8・キミ・ライコネン(アルファロメオ)
9・セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
10・ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
11・ランス・ストロール(アストンマーティン)
12・セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
13・ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
14・エステバン・オコン(アルピーヌ)
15・シャルル・ルクレール(フェラーリ)
16・アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
17・角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
18・ニキータ・マゼピン(ハース)
19・ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
リタイア・ミック・シューマッハー(ハース)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ