本文へ移動

阪神大賞典3着メイショウテンゲンは道悪なら天皇賞・春に光明【松山弘平コラム】

2020年3月28日 10時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

 3日間開催だった先週は未勝利と、たくさんいい馬に乗せてもらったのに、ふがいない結果に終わり、申し訳なかったです。阪神大賞典のメイショウテンゲンは3着。よく頑張ってくれましたが、ジリっぽい面があって、決め手の差が出た感じでしたね。今の阪神は芝の状態が良いので、できれば雨が降ってほしかったところです。次は天皇賞・春を予定していますが、時計が掛かる馬場になってくれれば、ノーチャンスではないと思っています。
 土曜は阪神で10鞍の依頼を頂きました。6Rのスマートウィザードは調教に乗りましたが、まだ仕上がり途上の印象でしたし、まずはクラスにめどが立てば。7Rのレイトブルーミングは久々に乗るので、近走については分かりませんが、成績的に期待十分。8Rのキャノンバローズは前走、勝ち馬に離されてしまったのが少し不満ですが、力は上位ですし、展開次第ではチャンスがあるでしょう。
 10Rのカイザーミノルは昇級後も上位争いしていますし、ここも好勝負を期待しています。11Rのアーニングフェイムは前に行ってどこまで粘れるか。12Rのモハーは最後にひと脚は使えるので、流れが向けばですね。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ