本文へ移動

ハミルトンが史上初の通算100勝目 終盤のノリスとの雨中バトルを制す 2位にはフェルスタッペン 角田裕毅は17位【F1第15戦ロシアGP】

2021年9月26日 21時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
優勝トロフィーを掲げるメルセデスのルイス・ハミルトン(AP)

優勝トロフィーを掲げるメルセデスのルイス・ハミルトン(AP)

◇26日 F1第15戦ロシアGP決勝(ソチ・オートドローム)
 F1第15戦ロシアGPは26日、決勝が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトン(36)=英国=が逆転優勝し、史上初の通算100勝目をマークした。イギリスGP以来、5戦ぶりの勝利で今季5勝目。これでポイントリーダーの座も奪還した。
 4番グリッドからスタートするも1周目で出遅れ、一時は7番手まで順位を下げたものの、そこから徐々に追い上げた。その後はマクラーレンのランド・ノリス(英国)との一騎打ちとなり、レース終盤に雨が落ちるとハミルトンが先に浅溝タイヤに交換。スリックタイヤで粘ってコースを外れたノリスを51周目にかわした。
 ハミルトンはヒーローインタビューで「天気がこの結果をもたらした。100勝まで長い時間がかかったけど、ここまで来られるなんて思わなかった」と振り返り、ノリスとのバトルについても「ランドは素晴らしい仕事をしたよ。信じられないペースで走っていた。マクラーレンの仕事もすごかった。僕の古巣だからうれしくもあるけど、ほろ苦さもあるね」と大健闘をたたえた。 
 2位にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)がグリッド最後尾から食い込み、3位にはフェラーリのカルロス・サインツ(スペイン)が入った。ノリスは7位でゴールした。
 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はスタートで最後尾まで落ち、17位と振るわなかった。他のホンダ勢はレッドブルのセルジオ・ペレス(メキシコ)が9位、アルファタウリのピエール・ガスリー(フランス)は13位だった。
 ハミルトンはドライバーズポイントを246.5点とし、ランキングトップに再浮上。2位に転落したフェルスタッペンとは2点差となった。
◆F1第15戦ロシアGP決勝暫定結果
1・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2・マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
3・カルロス・サインツ(フェラーリ)
4・ダニエル・リカルド(マクラーレン)
5・バルテリ・ボッタス(メルセデス)
6・フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
7・ランド・ノリス(マクラーレン)
8・キミ・ライコネン(アルファロメオ)
9・セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
10・ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
11・ランス・ストロール(アストンマーティン)
12・セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
13・ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
14・エステバン・オコン(アルピーヌ)
15・シャルル・ルクレール(フェラーリ)
16・アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
17・角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
18・ニキータ・マゼピン(ハース)
19・ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
リタイア・ミック・シューマッハー(ハース)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ