本文へ移動

新田谷凜ジャンプでミス目立つも持ち味の高い表現力で3位確保【フィギュアスケート中部選手権】

2021年9月26日 21時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子で3位となった新田谷凜のフリー

女子で3位となった新田谷凜のフリー

  • 女子で3位となった新田谷凜のフリー
  • 女子で3位となった新田谷凜のフリー
  • 女子で3位となった新田谷凜のフリー
◇26日 フィギュアスケート中部選手権 女子フリー(名古屋市・邦和スポーツランド)
 25日のショートプログラム(SP)で2位だった新田谷凜(24)=中京大=がフリーで4位となる107・18点をマーク。合計169・38点の3位で今大会を終えるとともに、11月に行われる西日本選手権(福岡)への出場を決めた。
 この日は2本目に予定していた3回転ループが抜けてシングルになったり、3回転ルッツで転倒して回転不足も取られるなどジャンプのミスが目立ったものの、「ブラックスワン」のメロディーに乗って持ち味の高い表現力をSPに続いて披露。中部選手権での表彰台を確保した。
 フリーの演技自体について「本当に良くなかったので、表彰台に乗っていいのかという気持ちはあるんですけど」と振り返った新田谷だが、「気を引き締め直すという意味では良かったのではないかなと思っています」とあくまで前向き。公式練習などでジャンプのいい感覚をつかんでおり、西日本選手権に向けて、「今日の試合の反省をしっかりして、100%仕上がっている状態で臨みたい」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ