本文へ移動

【川崎】逆転勝ちで4連勝!殊勲弾の知念「痛さとうれしさで訳分からなく…」ゴール直後に脚けいれん

2021年9月26日 20時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
知念慶(c)Jリーグ

知念慶(c)Jリーグ

◇26日 J1第30節 川崎2―1湘南(等々力)
 首位の川崎は後半の2得点で湘南に逆転勝ち。後半49分にFW知念慶(26)が決勝ゴールを決めて4連勝を飾り、2位の横浜Mとの勝ち点の差を9に広げた。
   ◇   ◇
 殊勲の知念は右脚を抱え込み、苦悶(くもん)の表情だった。「痛さとうれしさで訳が分からなくなっちゃいました」。1―1の後半49分。右サイドの家長がゴール前に絶好クロスを送ると、知念がファーサイドに逃げながら高く跳び上がり、頭でたたき込んだ。そのまま倒れ込み、右脚がけいれん。意地、執念の劇弾だった。
 今季14得点のレアンドロダミアンを押しのけて今季4度目の先発出場。4カ月ぶりのホーム戦で、「自分の価値を証明したいと思っていた」と知念。前線で起点になり、守備で体を張った。走りまくって右脚がつり、限界寸前だったが「最後の余力を全部使ってジャンプした」。屈強なメンタルが逆転ヘッドを呼び込んだ。2戦続けて最終盤の逆転勝ちで横浜Mと勝ち点9差。昨季王者が再び独走態勢に入った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ