本文へ移動

【FC東京】来季加入内定の梶浦勇輝がボランチでフル出場 攻守で積極的な動き

2021年9月26日 20時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中盤ではつらつとプレーしたMF梶浦=小平グラウンドで(FC東京提供)

中盤ではつらつとプレーしたMF梶浦=小平グラウンドで(FC東京提供)

 FC東京は26日、小平グラウンドでJFLのホンダFCと練習試合を行い、来季加入が内定したFC東京U―18のMF梶浦勇輝(17)がボランチでフル出場。攻守で積極的な動きを見せた。試合は0―1で敗れた。
 オンラインで取材に応じた梶浦は「最初は全然駄目で、キャンプでは怖じ気づいてボールをもらうことができなかった。段階を踏むにつれて少しずつやれるようになってきた」と振り返った。
 ルヴァン杯1次リーグの大分戦ではトップチームデビューも飾り、「味スタでデビューできたときはやってやろうという気持ちと、いろんな人に感謝しないといけないと思った」と言う。
 そして、ようやく届いた吉報だった。「トップには上がれないと思っていたので、(昇格が決まって)素直にうれしい。これからFC東京にずっと在籍してクラブを代表する選手になりたい」。小柄ながら時折ダイナミックなプレーを見せる梶浦。目標に掲げる安部柊斗の背中を追い、来季からプロとしての第一歩を踏み出す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ