本文へ移動

角田裕毅は繰り上がって12番グリッドからスタート フェルスタッペンは最後尾【F1第15戦ロシアGPグリッド一覧】

2021年9月26日 20時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(ホンダ提供)

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(ホンダ提供)

◇26日 F1第15戦ロシアGP決勝前(ソチ・オートドローム)
 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(21)は繰り上がって12番グリッドからスタートすることになった。メルセデスのバルテリ・ボッタス(フィンランド)がパワーユニット交換でグリッド降格のペナルティーを受け、7番グリッドから16番グリッドに下がったため。最後尾はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)。
 自身初のポールポジションを獲得したのはマクラーレンのランド・ノリス(英国)。
◆F1第15戦ロシアGP決勝・最終スターティンググリッド
1・ランド・ノリス(マクラーレン)
2・カルロス・サインツ(フェラーリ)
3・ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
4・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
5・ダニエル・リカルド(マクラーレン)
6・フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
7・ランス・ストロール(アストンマーティン)
8・セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
9・エステバン・オコン(アルピーヌ)
10・セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
11・ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
12・角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
13・キミ・ライコネン(アルファロメオ)
14・ミック・シューマッハー(ハース)
15・ニキータ・マゼピン(ハース)
16・バルテリ・ボッタス(メルセデス)*
17・アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)*
18・ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)*
19・シャルル・ルクレール(フェラーリ)*
20・マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)*
*=グリッド降格

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ