本文へ移動

スイス、同性婚合法化へ 国民投票で賛成多数に

2021年9月26日 20時38分 (9月26日 21時38分更新)
 スイスのチューリヒで、同性婚の合法化を求めるパレードに参加した人々=4日(AP=共同)

 スイスのチューリヒで、同性婚の合法化を求めるパレードに参加した人々=4日(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】スイスで26日、同性婚の合法化の是非を問う国民投票が実施され、地元メディアによると賛成が6割を超え、承認される見通しとなった。今後、法改正手続きを経て、同性婚が正式に認められる。
 スイスでは既に、同性カップルは公的にパートナーとして認められており、婚姻関係に準ずる扱いを受けてきた。ただし養子縁組や、カップルの一人が外国人である場合にスイス国籍を取得する手続きなどは、婚姻関係にある男女とは別の取り扱いがなされてきた。
 LGBTQ支援団体の「ヒューマン・ライツ・キャンペーン」によると、これまでに29カ国・地域で同性婚は合法化されている。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧