本文へ移動

正代4連敗8勝止まり意地見せられず 2年ぶり開催の地元九州場所へ巻き返し誓う【大相撲秋場所千秋楽】

2021年9月26日 20時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
照ノ富士(左)が寄り切りで正代を下す

照ノ富士(左)が寄り切りで正代を下す

◇26日 大相撲秋場所千秋楽(両国国技館)
 取組前に優勝が決まった横綱照ノ富士に寄り切られた大関正代(29)=時津風。
 11日目に勝ち越しを決めたものの、12日目から4連敗で8勝止まりと意地を見せられなかった。「今場所の締めくくりなんで、思い切りやりました。立ち合いはすごくよかったと思う」と話したが、大関としては及第点に届かず。2年ぶりに開催される地元の九州場所へ向け「どこの場所でも精いっぱいに」と巻き返しを誓っていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ