本文へ移動

【J1名古屋】フィッカデンティ監督が日本通算100勝 稲垣のゴール守り切り、大分に1―0勝利

2021年9月26日 17時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、ゴールを決め喜ぶ名古屋・稲垣(右から2人目)

前半、ゴールを決め喜ぶ名古屋・稲垣(右から2人目)

◇26日 J1第30節 名古屋1―0大分(豊田スタジアム)
 名古屋グランパスは大分を相手に勝ち、今季17勝目(6分8敗)。勝ち点を「57」に伸ばした。
 グランパスは序盤から敵陣へと押し込んででプレー。前半8分にFW前田直輝(26)と柿谷曜一朗(31)のプレスからボールを奪取、こぼれ球をMF稲垣祥(29)が押し込んで先制に成功した。
 その後もチームは高い連動性を持った攻撃を展開。追加点とはならなかったが、1―0で前半を終えた。後半も果敢に攻め込んで大分に隙を見せず、序盤の先制点を守り切った。
 この日の勝利で、フィッカデンティ監督は日本通算100勝目をマーク。指揮官の節目を、手堅さを見せる勝利で飾った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ