本文へ移動

最後かわされ…レッドジェネシス2着、藤岡康「着差が着差だけに悔しい」【神戸新聞杯】

2021年9月26日 17時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
レッドジェネシス

レッドジェネシス

◇26日 神戸新聞杯(G2・中京・芝2200メートル)
 レッドジェネシスが2着に入った。シャフリヤールをマークし、ステラヴェローチェの一つ前からレースを進めた。最後の直線でもロスなく内から運び、いったんは抜け出そうとするシーンを作ったが、ゴール前で伸びてきたステラヴェローチェに半馬身差屈した。
 藤岡康は「この馬のリズムでうまく立ち回ることができました。最後も良く伸びていますが…。着差が着差だけに悔しい」と敗戦を残念がった。勝てなかったが、雨中の激戦を崩れることなく走ったしぶとさに菊花賞制覇への夢をつなげた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ