本文へ移動

【大相撲】照ノ富士、2場所ぶり5度目の優勝 3敗で追っていた妙義龍が明生に敗れる

2021年9月26日 17時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
照ノ富士

照ノ富士

◇26日 大相撲秋場所千秋楽(両国国技館)
 横綱の照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=が2場所ぶり5度目の優勝を果たした。1差の3敗で追っていた妙義龍が明生に敗れたため、結びの一番を待たずに照ノ富士の優勝が決まった。
 1場所15日制が定着した1949年5月場所以降では、2017年春場所、稀勢の里以来となる5人目の新横綱の優勝。
 照ノ富士は今場所、初日から盤石の相撲で白星を重ねた。9日目に大栄翔、12日目に明生に不覚を取ったとはいえ、トップの座を明け渡すことはなく、千秋楽を迎えていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ