本文へ移動

『終末のワルキューレ』飯窪春菜 プロレスコラボマッチ参戦

2021年9月26日 17時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
リングでブリュンヒルデの衣装を着てあいさつする飯窪春菜(中央)と長州力(左から2人目)

リングでブリュンヒルデの衣装を着てあいさつする飯窪春菜(中央)と長州力(左から2人目)

 元モーニング娘。の飯窪春菜(26)が26日、東京・後楽園ホールで行われたDDTプロレスリングの興行で組まれた「終末のワルキューレコラボマッチ~神VS人類~8人タッグマッチ」でセコンドデビューを果たした。
 「終末のワルキューレ」は、神代表と人類代表が、人類存亡をかけて1対1のタイマンを繰り広げる人気漫画。飯窪は舞台版「『終末のワルキューレ』~The STAGE of Ragnarok~」(11月27日~12月5日、東京・こくみん共済coop ホール/スペース・ゼロ)で主演を務めることから、同舞台とDDTのコラボマッチに参戦。セコンドとして選手たちを鼓舞した。
 試合後、飯窪は、「プロレスを生で見るのが初めてだったので本当に感動しました。お客さんと一体感のあるリングで、あの空間を見たら(リングに)立ってみたいと思いましたね」と笑顔。
 試合の特別解説をつとめたのは元プロレスラーの長州力(69)。長州は飯窪を、「この子すごいね。こんなちっちゃな体で一番存在感があった」と絶賛した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ