本文へ移動

大谷翔平、メジャー史上4人目「4試合で13四球」 17敬遠は2位に7個大差のリーグトップ

2021年9月26日 14時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

◇25日(日本時間26日)MLB エンゼルス14―1マリナーズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平は「2番・DH」でスタメン出場。2三塁打など3打数2安打、3打点だった。2四球も選び、「4試合で13四球」はメジャー史上4人目のタイ記録となった。米スポーツサイトのジ・アスレチックなどが報じた。
 過去の3人の達成者は1930年ヤンキースのベーブ・ルース、2016年ナショナルズ(現フィリーズ)のブライス・ハーパー。直近は今季5月1~8日、ホワイトソックスのヤスマニ・グランダルだった。
 大谷は前日の同カード終了時点で「3試合で11四球」も、16年のブライス・ハーパーと並ぶメジャー記録だった。また、過去にベーブ・ルースら4選手が同10四球で並んでいたア・リーグ記録も、50年ぶりで更新していた。大谷の今季90四球はリーグ3位。17敬遠はリーグトップで、2位に7個の大差をつけている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ