本文へ移動

14試合ぶりスタメンマスクの中日・桂が初先発コンビのロドリゲスを好リード 打撃でも存在感

2021年9月26日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日桂が左前打を放つ

中日桂が左前打を放つ

◇25日 ヤクルト0―0中日(神宮)
 14試合ぶりスタメンマスクの中日・桂は、初先発コンビを組んだロドリゲスを好リード。「全体的に良かったし、テンポ良くストライクを投げてきてくれました。ストライク先行だったので、ボール球をうまく使えた」と振り返った。
 打っても5回の第2打席で左前打を放ち、好機を演出。限られた出場機会の中、打率3割超えのバットでも存在感を放った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ