本文へ移動

【横浜M】ダービーマッチ痛恨引き分け 前田大然は得点ランキング単独トップ16点目

2021年9月25日 22時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前田大然

前田大然

◇25日 J1第30節 横浜FC2―2横浜M(ニッパツ三ツ沢球技場)
 逃げ切りに失敗した。首位・川崎を追いかける2位・横浜Mが横浜FCとの「ダービーマッチ」で痛恨の引き分け。後半44分に失点し、白星がスルリと逃げた。1試合少ない川崎との勝ち点差は6と、1つ縮まっただけだった。
 0ー1で折り返した後半に一度は逆転に成功した。17分に追いつき、その後に退場者を出して10人になったが、32分にFW前田大然(23)が左足ダイレクト弾で勝ち越しゴールを蹴り込んだ。「人数が少なくても、マリノスはそれを感じさせないサッカーができる」と誇ったFW。しかし、勝利を手にすることはできなかった。
 4戦連続で先制され、その間の成績は1勝1分け2敗と勝ち点を取りこぼしている。得点ランキングで単独トップとなる16点目を決めた背番号38は「自分たち攻撃陣が先に点を取ってあげないと、難しい試合になってしまう」と反省した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ